hit-air 着用するエアバッグ
Home LINE UP System Manual FAQ 資料請求 ORDER
ヒットエアーの衝撃テストデータ

ヘルメットの衝撃テストをする測定装置において、開発段階から数々の衝撃緩衝度を測定し、それらの裏付けによりヒットエアーを完成しました。
ヘルメットの衝撃テストにおいて数値(G)の大きさにより
以下の損傷が起こると言われています。

[参考データ]

衝撃度300G・・・脳しんとう、あるいはそれに近い状態。
衝撃度350G・・・脳しんとうを起こして意識を失う。
衝撃度400G・・・生命の危険がある。
■試験日時 2000年8月30日 気温26℃
■試験装置 (JIS)T-8133 ヘルメット衝撃度測定器
・試験ジャケット SPIDI社
・試験パッド KNOX社

テストA 人頭模型
5kg自由落下による衝撃吸収性(G値)テスト


平アンビル(鉄板)にウエアーを広げ、背中中央部(脊椎部)にJIS標準人頭模型5kgを自由落下させ、衝撃緩衝性を測定。 ヒットエアーの脊椎部位の衝撃緩衝性を検証。(ヒットエアー作動時空気圧 25kpa〜35kpa)

ウエアー+ヒットエアー作動+脊椎パッド装着
(パッド付き一般ジャケットにヒットエアーシステムを装着)
ウエアー+ヒットエアー作動
(パッドなし一般ジャケットにヒットエアーシステムを装着)
ウエアー+脊椎パッド
(パッド付き一般ジャケット)
ウエアー単体
(パッドなし一般ジャケット)・・・一般的なジャケットはこれになります。



テストデータ

  緩 衝 材
H 落下高さ
(M)
0.1 110(G)
0.2 284(G)
0.25 10(G) 63(G) 381(G)
0.5 17(G) 17(G) 106(G)
1.0 28(G) 49(G) 481(G)
1.25
1.5 87(G)
2.0 156(G)
2.5 273(G)



テストB 人頭模型5kgにヘルメットをかぶせ
自由落下による衝撃吸収性(G値)テスト


ヘルメットにヒットエアー作動の首気室部分を取り付けた場合の、自由落下。 それにより頭部に伝わる衝撃緩衝性を検証。(ヒットエアー作動時空気圧 25kpa〜35kpa)

この実検は後頭部より地面に落下するデータであり、その場面においても大きな効果を実証しました。
大体においてヒットエアーはその前に他の部分が膨らみ、もっと大きな効果をもたらすようになっています。

ヘルメット+ヒットエアー首気室部分
(ヒットエアー着用時)
ヘルメット単体
(ヒットエアー非着用時)



テストデータ

  緩 衝 材
H 落下高さ
(M)
0.5 57(G) 81(G)
1.0 137(G) 146(G)


 
着用するエアーバッグ

DATA

hit-airの衝撃テスト
(ヘルメット衝撃測定器)

エアバッグ式プロテクター
の衝撃試験
(JARI 2008)

エアバッグジャケットに
対する打撃試験
(JARI 2011)

二輪車の事故データ

hit-air 無限電光株式会社
〒468-0055 名古屋市天白区池場1丁目1012
mugen@hit-air.com Copyright: (C) 2003 MUGENDENKO All Rights Reserved.